雨の中の旅行に対するお客様のネガティブなイメージ、どう払しょくさせますか?

Pocket

先日、お客様とこんな会話がありました。

「昨日、鳥取砂丘に行ってきたんだけど大雨ですぐに引き返した。今日は天橋立に行こうと思っているんだけど、この雨だと行っても意味ないかな?」

雨に対するネガティブなイメージってありますよね?

皆さんならば、どうお客様にお話ししますか?


雨は運転も不安になりますね・・・

おはようございます!普段は民宿&ダイビングショップの親父、コムサポートオフィスのアドバイザーもやっているガク(@kasumi_kadoya)です。

まず、私がどう答えたか。

「雨が降っている時の観光地って私、好きなんです。だって、ガラガラですから。空いているので人混みが苦手なので、ゆっくりできる所が好きなんですよね。」

と。するとお客様が

「そういえば、鳥取砂丘もほとんど人がいなくて、ゆっくり見れたなぁ」

と。

「あそこはそういった景色を見れたことの方が価値がありますよ。天橋立も、のんびり眺められるところを見つけて、そこでゆっくりされてはいかがでしょう」

と、提案させて頂きました。

実際、昨日までお話していた私たち夫婦の鹿児島旅行。ほとんど雨か曇り。太陽はほとんど見ませんでした。

そのおかげで、どこの観光地でもガラ空き。人気の砂むし風呂も待たずにすぐに楽しむことができました。


雨天でも可能なことはチェックしました
(屋根があります!!)

その前日に行われた桜島のガイドツアーも天気が悪いことがむしろ楽しみな面もありました。

雨の中、どのように楽しませてくれるか。

雨の中でも楽しませてくれるのが一流のガイドなんですよね。


幸い?!雨は降りませんでした!!

上記は展望台で1時間に1本走る周回バスが観光客向けに15分停車してくれます。

私たちはここでわざとバスを1本遅らせてじっくりとガイドして頂きました。

ちなみにここの展望台ならば屋根もあり、雨が降っていてもガイドして頂けてたと思います。


山側も海側もガッツリ解説してもらえました♪

話がまた地元に戻りますが、以前大雨の中友達を但馬で案内した時に、コウノトリの郷公園に行って、屋根のある施設内から外のコウノトリを見ながら施設の解説をお聞きしました。


雨が降っても大丈夫な場所を紹介できる
ことも大切ですね!!

6月は1年の中でも最も閑散期となりがちです。

理由は梅雨時期ということが大きい。

雨が降るとお客様も受け入れ側もネガティブな気持ちになりますよね。

雨でも楽しいと感じられるお話を提供できるか。

雨でも楽しめる施設を紹介できるか。

サービス業に携わる我々にとって大切ですよね。

コムサポートオフィス代表
今井ひろこのブログはこちら
お問い合わせもこちらから

↓↓↓
今井ひろこドットコム
今井ひろこドットコム

2,3日に1回配信しています

無料のコムサポメルマガ登録はこちらです!

10室以下の小規模宿泊施設様向けに特化した無料メルマガはこちらです!
(コムサポメルマガとは別になります)

小さなお宿向け集客メール講座【全7回・無料】

登録はこちらです!

Googleマイビジネス講座のお知らせ

★豊岡市開催
2018年6月19日(火) 19:00〜21:00

詳細はこちら
https://kokucheese.com/event/index/520635/

★京都市開催
2018年7月18日(水) 14:00〜16:00 

詳細はこちら
https://kokucheese.com/event/index/523938/

The following two tabs change content below.
普段は民宿の親父、時々ダイビングインストラクターです。昭和42年生まれのアラフィフ。8年間のサラリーマン生活の後、実家の民宿を継ぐ。一時は1億あった借金を8室の小さな民宿で返済。田舎の小さな事業者は、お金をかけなくてもお客様に喜んでいただいてなおかつしっかりと利益のとれる商いをしないといけません。そのために役立つ情報を日々発信していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする